北青山Dクリニック 内視鏡検査センター

050-7542-3148
受付時間 月~土 9:30-18:00(通話料無料)
メール問合せ

北青山Dクリニックの内視鏡検査

静脈麻酔(全身麻酔)を使用。消化器の専門医が検査を担当。苦痛のない胃カメラ・大腸カメラ検査を実現しています。
静脈麻酔(全身麻酔)を使用。消化器の専門医が検査を担当。
苦痛のない胃カメラ・大腸カメラ検査を実現しています。

当院の内視鏡検査の特徴Features

北青山Dクリニックの内視鏡検査では、静脈麻酔(全身麻酔)を使用し、「眠った状態」または「うとうとした状態」でお受けいただけます。
一人でも多くの方が気軽に内視鏡検査を受けることができるよう、「苦しくない」「痛くない」検査の実現に徹底的にこだわり、喉咽頭・食道・胃・大腸がんの早期発見・予防に貢献したいと考えています。

北青山Dクリニックが選ばれる理由

Benefits 01

全身麻酔による「苦しくない」内視鏡検査を提供

静脈麻酔(全身麻酔)により、胃カメラ検査は「完全に眠った状態」で、大腸カメラ検査は「完全に眠った状態」もしくは「うとうとした状態」でお受けいただけます。また、消化管を膨らませる際に、従来のエアー(空気)ではなく「炭酸ガス」を使用することで、“お腹が張って苦しい”などといった検査後の苦痛が軽減されるよう、麻酔以外にも様々な工夫を行っております。

選ばれる理由の続きを見る

北青山Dクリニックの内視鏡検査では、新世代のレーザー内視鏡機器「LASEREO(レザリオ)」を使用し、従来の機器よりも高画質で精度の高い診断を可能としています。また、専門医による検査の実施と、覚醒の早い静脈麻酔薬の使用により、検査後にも支障がでないよう努めています。

Benefits 02

消化器専門のドクター陣。治療・手術にも迅速に対応。

北青山Dクリニックでは、国立がんセンターなどの高度医療機関で修練を積んだのち、東京大学医学部消化器科で内視鏡検査・治療を行っている専門医が検査を担当します。検査により何らかの疾患が発見された場合、早期の病変であれば日帰り治療が可能です。また、当クリニックで治療できない病変につきましては、東大病院をはじめとした専門病院による治療を受けることもできます。

選ばれる理由の続きを見る

北青山Dクリニックは、患者さまにとって「身近で、どこよりも信頼できるクリニック」となるべく、高度な「総合医療サービス」の提供を目指しています。そのため、東京大学や慶應大学の附属病院などで診療を行っている各分野の専門医と連携し、重大な疾患が発見された場合でも適切なバックアップが出来るよう体制を整えております。

北青山Dクリニック提携・紹介先医療機関
  • 東京大学医学部附属病院
  • 慶応義塾大学附属病院
  • 東京都教職員互助会三楽病院
  • 日赤医療センター
  • 虎ノ門病院
  • 榊原記念病院
  • 国立がん研究センター
  • NTT東日本関東病院

北青山Dクリニックの内視鏡検査メニュー

胃内視鏡検査

胃カメラはとにかく苦しい検査であると認識されていますが、実は麻酔を適切に使用すれば、驚くほど楽に終えることができる検査です。北青山Dクリニックでは、胃カメラ検査に静脈麻酔(全身麻酔)を使用し、完全に眠った状態で検査を受けていただくことが可能です。検査終了と同時に目が覚める、覚醒の速い麻酔剤を用いますので、日常生活への支障もほとんどありません。静脈麻酔(全身麻酔)による、苦しさや痛みのない胃カメラを是非体験してみてください。

詳細・料金

胃カメラ検査は、正式には上部消化管内視鏡検査と言います。内視鏡を通じて、がんやその他の潰瘍、ポリープ、通過する食道や十二指腸の異常などを早い段階で見つけることができます。バリウム検査も有用な検査ですが、少し進行しないと変化が現われず、色調変化をとらえることができません。また、バリウム検査で異常が疑われた場合は、胃内視鏡検査を受ける必要があるため、当クリニックでは最初から胃内視鏡検査を受けていただくことをおすすめしています。

料金のご案内

胃の痛みや腹痛などの症状がある方、検査で異常を指摘された方は、健康保険が適用となります。
検査・切除に関する主な費用は以下の通りです。

  • 胃カメラ 約10,000円(保険負担3割の場合)
  • 良性腫瘍切除 約20,000円(保険負担3割の場合)
  • 悪性腫瘍切除 約25,000円(保険負担3割の場合)
こんな方におすすめ
  • 胸焼け、吐き気、食欲不振のある方
  • みぞおちの痛み、体重減少など何らかの症状がある方
  • 家族に胃がん/大腸がん/消化管のがんの方がいる方
  • 40歳以上の方

大腸内視鏡検査

北青山Dクリニックの大腸カメラ検査は、痛みが最小限となるよう静脈麻酔を使用し、「完全に眠った状態」または「うとうとした状態(※)」で受けていただくことが可能です。検査中に不安な点や痛みなどがあった場合は、お気軽に検査医にお伝えください。その都度静脈麻酔を調整し、苦痛を軽減いたします。

※胃カメラ検査とは異なり、検査時に横向きや仰向けになっていただく場合がございますので、完全に眠った状態にはならないことがあります。

詳細・料金

大腸がんの85%は良性のポリープから進展してがんを発症するといわれています。血便や排便障害などの具体的な自覚症状が出始める時期には、がんが進行してしまっているケースが多くあります。逆に言えば、ポリープのうちに大腸カメラ検査で発見し切除すれば、理論上大腸がんにならず根治できると言えるでしょう。大腸内視鏡検査は、大腸ポリープや大腸がんの発見以外に、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患やその他の大腸の病気を発見することも可能です。

料金のご案内

腹痛などの症状や、便潜血反応陽性など検査で異常を指摘された方は、健康保険が適用となります。
検査・切除に関する主な費用は以下の通りです。

  • 大腸カメラ 約6,000円(保険負担3割の場合)
  • ポリープ切除 約20,000円~30,000円(保険負担3割の場合)
こんな方におすすめ
  • 50歳以上の方
  • 便潜血検査を定期的に受けていない方
  • 家族に胃がん/大腸がん/消化管のがんの方がいる方
  • 排便が不規則で安定しない方
  • 食事内容に肉食が多い方
  • 下血をしたことがある方

消化器がんドック(胃・大腸同日検査)

忙しくて時間が取れない方、家系や生活習慣によるがんが心配な方のために、胃がん・大腸がん・食道がんの早期発見を目的とした検査を1時間程度で行う「消化器がんドック」をご用意しています。ヘリコバクターピロリ菌検査だけでなく、膵臓がんの早期発見が可能なマイクロRNA検査、腫瘍マーカーやがんリスク検査、腹部エコー、ポリープ切除も含みますので、消化器に関係するがんのほとんどを短時間でスクリーニングすることが可能です。

詳細・料金

事前の診察で来院する必要はなく、結果も郵送いたしますので1回の来院、1時間ほどの検査のみで終了となります。食事制限や下剤服用なども1回で終わりますので、時間や体力的な負担を少なく済ませることができます。
※大腸内視鏡の経験がない患者様は、下剤の説明のため事前に来院していただいております。

検査項目
  • 胃・食道、大腸内視鏡検査(胃カメラと大腸ファイバーを同時に実施)
  • 膵臓がんマイクロRNA検査
  • 消化管腫瘍マーカー検査
  • 感染症(HB HCV ピロリ菌)検査
  • 腹部エコー検査
  • 一般血液検査
  • 尿検査

※切除可能な早期がん、ポリープは検査時に切除(一臓器あたりのポリープ切除制限なし)

料金のご案内
  • 検査料金|150,000円(税別)※保険適用外となります
こんな方におすすめ
  • 忙しく、何度も来院できない方
  • 短時間で検査を終わらせたい方
  • 血縁者にがん患者がいる方
  • 前立腺がんや肝臓がん、膵臓がんなどの検査も行いたい方

担当医紹介Doctor

北青山Dクリニックではガンセンターで修練を積み、現在東大病院、附属病院で第一線で従事している医師が中心とした、選りすぐりのドクター陣を紹介いたします。

  • 担当医 写真

    先進医療の提供と、理想的な医療環境の構築に励んでいます。

    東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院第一外科、虎の門病院麻酔科、三楽病院外科、東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務を経て2000年に北青山Dクリニック開設。

  • 担当医 写真

    最も大切なのは早期発見。麻酔を使用した“苦しくない”胃カメラを目標に検査を行っています。

    東京大学医学部卒業。茨城県立中央病院、国立がんセンター中央病院を経て、東京大学医学部附属病院 胃食道外科勤務。同講師。

  • 担当医 写真

    内視鏡検査・治療をはじめ、消化器に関することは何でもご相談ください。

    東京大学医学部を卒業。国立がんセンター中央病院を経て、東京大学医学部附属病院光学医療診療部部長。

  • 担当医 写真

    麻酔による苦痛のない内視鏡検査が可能ですので、早期発見のためにぜひ検査を受けてください。

    東京大学医学部を卒業。東京大学医学部附属病院内科、三井記念病院内科を経て、東京大学医学部附属病院消化器内科助教。

  • 担当医 写真

    ポリープを小さいうちに内視鏡で切除することでがん化を防ぐことが可能です。

    東京大学医学部を卒業。焼津総合病院外科を経て、東京大学医学部腫瘍外科・大腸肛門外科勤務。同愛記念病院外科部長。

  • 担当医 写真

    胃カメラ、大腸カメラを通して、がんの早期発見に努めます。

    東京大学医学部を卒業。東京大学医学部附属病院 内科研修を経て、東京大学医学系大学院、佐々木研究所附属杏雲堂病院 消化器内科科長。

よくあるご質問Q&A

本当に苦しくないですか?

全身麻酔(静脈麻酔)を使用し、胃カメラ検査は「完全に眠っている間」に、大腸カメラ検査は「うとうとしている間」に終わるため、検査したことを覚えていない方も多いです。また、消化管を膨らませる方法として、従来のエアー(空気)ではなく炭酸ガスを採用しておりますので、検査後にお腹が張って苦しくなるというような、検査後の苦痛もほとんどありません。

どんな医師が担当してくれますか?

東大病院出身・所属の内視鏡専門医・大腸外科医が担当いたします。万が一検査で重大な疾患が見つかった場合、東大病院の専門医のもとで治療を実施するなど、バックアップ体制も整っております。

全身麻酔は安全ですか?副作用はないですか?

北青山Dクリニックでは、いわゆる大きな手術で使用する全身麻酔ではなく、覚醒の早い静脈麻酔を採用しております。検査後1時間程度眠気が生じることもありますが、基本的には速やかに日常生活への復帰が可能です。念のため、検査当日は車を運転なさらないようご留意ください。

費用はいくらくらいですか?健康保険は使えますか?

胃の痛みや腹痛、便潜血反応陽性などの症状のある方は健康保険が適用となります。胃カメラは約10,000円、大腸カメラは約6,000円(病理検査を実施した場合は約10,000~20,000円)、ポリープ切除を実施した場合は約20,000円~30,000円となります。また検査・切除費用に加えて、検査前に必要な診察、血液検査、検査前投薬(大腸のみ)に、胃カメラ約3,000円、大腸カメラ約4,000円の費用が発生いたします。(上記すべて保険負担3割の場合 )

検査時間はどのくらいかかりますか?

胃カメラ検査は約30分程度、大腸カメラ検査はポリープの有無によりますが約30~60分程度となります。

当院についてAbout

北青山DクリニックKita Aoyama D.clinic

所在地

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-10 アケラビル地下1階
TEL:050-7542-3148
FAX : 03-5411-5666

交通

外苑前駅3番出口 より徒歩5分(東京メトロ銀座線)
表参道駅A2出口 徒歩7分 (東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線)

診療時間

[月~土] 9:30~18:00

メール問合せContact

お問い合わせいただく際は、お手数ですが「個人情報保護方針」をご確認の上、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

また、このフォーム送信だけでは予約は完了しません。必ず当院からお電話にてご連絡を差し上げますので、3診療日以内に連絡がない場合はお手数ですが、お電話にてご確認をお願いします。

お名前 必須
フリガナ 必須
お電話番号 必須 --
メールアドレス 必須
ご予約希望診療 必須
その他

その他のお問合せがございましたらご記入ください。